15番目の月、16番目の月。

ALFA MUSIC LIVE。
満月の夜と、次の日の夜に行われたわけだ。

“次の夜から欠ける満月より”
14番目の月が好きだと、清元の歌詞のように歌いアルファを去ったユーミンも、
吉田美奈子も、細野晴臣も、林立夫も、鈴木茂も、松任谷正隆も、高橋幸宏も、いた。
山本潤子さんはどうしたのだろう?
ポンタの登場の仕方はカッコ良かった。
教授は無理だったけど、坂本美雨がいい挨拶をした。
他にも林立夫小坂忠大村憲司のジュニアが登場。親と同じパートを味わい深くプレイした。
村井邦彦氏の古希を祝うという、ただの同窓会的な集まりでなく、
この若人たちのプレイが未来を感じさせた。アルファらしかった。
(敬称略)

新と旧の集い方のひとつの在り方を提示してくれた。
総合演出・松任谷正隆氏のらしさが出ていた気がする。
セット替えをするのに緞帳を下ろし、その前にMCがつなぐという手法も
オーソドックスなんだけれど気が利いていると思った。

このライブは渋谷でやるべきなんだと思った。
パルコ劇場がまだあれば、そこでやったのかな?
よくアルファのライブをやっていたはず。緊張のあまり最初から泣き通しだったという
荒井由実のデビュー・ライブもパルコ劇場でのアルファのライブだったはず。
西武(セゾン)から東急へ。それも必然。
先行予約が流れ、その後の抽選外れまくったけれど、なぜかこのライブ、
ゼッタイ観られると思っていた。
僕のセレンディピティ

さて今日は、満月から一夜経った大きな月を眺めながら帰るとしよう。
ピークは過ぎたかも知れないけれど、また新しいピークを違う方法論で作り出しそうな面々の
パワーを、たくさんいただいたことに感謝して。

※久々に書くと、なかなか思いがうまくまとまりませんね。

当日券入手。

今朝、あるランニング練習会に参加。
体調優れず、たぶん一昨日の深夜までの撮影の影響では。
10kmちょっとで上がり帰宅。とにかく身体を休めよう。
シャワーを浴び、横になる前カレンダーに目が行く。
9月最終日曜日。今日は確か
ALFA MUSIC LIVE。
一縷の望みでウェブサイトをチェック。

当日券、若干有り
とのこと。ひと眠りして体調回復していれば行ってみよう。
どうせ家からオーチャードホールなら30分もかからない。

このライブ、先行予約に当たったのに、
チケット引き取り期限が7月三連休と重なり気づかす、流してしまった。
以降何度かの抽選は外れ続け、
一般発売をコンビニ店頭で待つというトライもしてみたが駄目。
同じように外れ続けた、東京を離れた風街の人・松本隆
45周年武道館はあっさり諦められたか、
このライブは…。

16時40分ごろオーチャードホールに着き、当日券売り場、
10人目ぐらいに並ぶ。
チケットありますように…。
17時を過ぎ発売開始。僕の番。
やつた! 1階13列…。

という久々の書き込みを、スマホから。
そろそろ開演なのでこの辺りで。
続きは余裕があればPCから。
楽しんできます!

夢は叶い、旅は続く。

tinpan19732013-01-03

12月に引っ越して、人生でいちばん忙しい師走を過ごし、
想定外の人の死という悲しみを経験した。
何とか引越し先でネットも開通したので久々に記そう。
ユーミンの40周年絡みのいろんなトピックがあったことだし。


11月30日金曜日NHK『SONGS』。
キャラメル・ママ(細野さん含む)とセッションして「ひこうき雲」を
歌った。ビデオを撮って夜中に観たのが精一杯。
「あれ? キー低くない?」感想といえばこれぐらい。
感慨に浸る余裕がなかった。観終わってすぐ寝た。
11月25日日曜日に大阪マラソンを走り、二日後に何とか胃腸炎で倒れ
生涯初の点滴をし、でも仕事は休めず…。最悪の体調で一週間を過ごした
金曜日の夜の出来事だった。


12月11日火曜日、人見記念講堂withプロコル・ハルムLive。
仕事をすべて放り出して向かった。
席は何と…、一列目だった! 
「どうせ、また1列目じゃなくI列目の間違いだろう」と思っていたら、
違った! 隣で観ていらした方はたぶん…(確信じゃないので記しません)。
Liveはスバラシかった!
やるだろうと思っていたプロコル・ハルム色の強い曲はほとんど演ってくれた。
(しいて挙げれば「もう愛は始まらない」も演ればいいのにと思った)

何がスバラシイって、ユーミンはMCがサイコーだ。
客に媚びたり強がったり挑発したりすることしかできない他の音楽家とは
レヴェルが違う。違い過ぎる。


このプロコル・ハルムとの40周年プロジェクトへの
当初の違和感もはっきり口にしてくれた。
私自身、ユーミンがプロコル・ハルムと「青い影」をセッションして
ベスト・アルバムに収録するらしい。コンサートもやるらしい
との情報を目にして、「なんで、今さら…?」とかなりの疑問を感じた。
だって、プロコル・ハルムって、たしかもうオリジナル・メンバーは一人で、
昔の名前で出ています”状態では…?
せっかくの40周年、ほかにやることあるのでは…・


「憧れの音楽家が、今なお現役でいてくれることは、
 それだけで元気づけられる。
 私も、皆さんに、そう思ってもらえるならば…、
 がんばってもっと続けていけると思う」
コンサート最後のMCでたしかこんなことをおっしゃった。
スバラシすぎる! WOWOWさん、このLiveをオンエアするとき、
このMCをカットしないでくださいね。オンエアの3月末まで解約しないから…。


そして、今日、2013年1月3日、日本武道館
キャラメル・ママユーミンの共演。
細野・林・鈴木・松任谷とのライヴ共演という意味ではいつ以来だろう?
結婚直前1976年11月NHKホールでの“14番目の月”リサイタル以来か?
(たしか「リサイタル」という言い方だったはず。時代を感じる)


キャラメル・ママユーミンの共演ということで、とにかく先行予約した。
寺岡呼人さんとか、Golden circleとかよく調べもしなかった。
大貫さんや薬師丸さんやいろいろゲストが出るオムニバス方式、
お祭り形式のコンサートらしいから、きっとその目玉として数曲演奏
という流れなんだろうな…。と思っていたら、その通りだった。
計4曲。時間にして30分弱。
私にとって三十年来の夢が現実になった時間。


ずーっと涙が流れていて、一曲一曲いや一音一音を味わうことが出来なかった。
まぎれもなくキャラメル・ママの4人がいて、パーカッションのノブさんもいて、
そしてユーミンがいる。
頭が空っぽになった。あっという間に終わってしまった。


以下、密かに期待していたこと。


アンコールで、
大貫妙子山下達郎吉田美奈子コーラスで何か一曲、
やってほしかった。
大貫さんは今日のゲストだったし、
吉田さんとは一昨年の鎌倉での吉田美奈子ライブにユーミンが訪れ、
ユーミンの曲をカヴァーしたという流れがあったし、
山下さんを呼ぶのがいちばん難しそうだったけれど、
40周年、新春初夢ということで…。


そんなに世の中甘くなかった。
これは50周年にでも期待することにしよう。


2013年1月3日、とりあえず忘れないだろう。
鈴木茂松原正樹というゼイタクな共演も、
アンコールで一曲聴けたことだし…。
大貫妙子「雨の街を」という意外だけれどもの凄くハマったカヴァーも
聴けたことだし…。


今日も最後、ユーミンはいいこと言ってたな。
「まだ旅の途中でしょ。皆さんも…」
WOWOWさん(やるんでしょ。きっと)、ライヴのオンエア時、
ここカットしないでくださいね。

動いている山下達郎を見たことはあったけれど…。

tinpan19732012-08-28

久々に書きます。だいぶ間が空きましたが、
この方のアルバム『アルチザン』から『COZY』までのインターバル
“セブン・イヤーズ・チョビット”ほどではないと思いますので、
一部の方ご容赦ください。


山下達郎シアター・ライブ「PERFORMANCE1984-2012」を観に、
新宿バルト9へ。前売券を持っていたが劇場に行き席予約が必要で、
「満席だと観られない!」と知人に言われ、
早めに会社を出て月曜日の最終回(深夜回除く)を鑑賞。


「達郎さんて、こういう顔して歌うのか」というのが、最も強く感じたこと。
動いている山下達郎を見たことはあっても、表情までわかる映像で見たことはなかった。


ライブやCDを通じて歌声や、ラジオを通じて話し声は印象にあるけれど、
顔は写真や静止画を通じてしか認識していないため、
「こういうふうに口を開けて歌うのか」「こういうふうに口をすぼめるのか」
という辺りが今回映像を観て初めて理解でき新鮮だった。
達郎さんの歌声の物真似をする人(誰かいたような…)がこの映像を観れば、
きっともっと上手くなるに違いない。


プログラムは1時間30分ほど。オープニングは「SPARKLE」で
エンディングは「RIDE ON TIME」「恋のブギ・ウギ・トレイン」そして「さよなら夏の日」と、
ライヴを凝縮したような構成だった。各曲が演奏された年代が、
1984年から2012年に渡っていたが見事につながりひとつの世界を描き出していた。


1994年SINGS SUGAR BABEコンサートでの「こぬか雨」(生で聴いた!)や
2010年北海道の夏フェスでの「さよなら夏の日」が
(非常に良かったと観た人が言っていたので聴いてみたかった!)
視聴できて嬉しかった。


エンディング近くの「アトムの子」は、2011-12年のツアーの音源だった。
このツアー、今年4月横浜で聴いて、少し、いやかなり
心に引っかかったことを思い出した。


ドラえもん」の歌が途中で挿入されかなりコミカルに演出された
「アトムの子」だったのだが…、震災後初ツアーの本編最後が
「アトムの子」か。この演出だと、
“どんなに大人になっても、あーだこーだ言ったって、
 結局ボクたちはアトム(原子力)の子なんだよな”って解釈ができそうで、
聴いていてツラかった。そんなことをいっしょに聴きに行った人に話したら、
考え過ぎだと言われた。きっと「アトムの子」そのものが、個人的にあまり
好きでないことが原因だと思う。


震災後初ツアーということでは、オープニング「THE THEME FROM BIG WAVE」にも
驚いた。この曲がリリースされた1984年ごろ、ライブを聴いている横浜界隈をクルマで走りながら、
それこそテープが延びるほど聴きまくったので、
聴けてジワ〜ッときたけれど、何も今回のツアーでやらなくても
と正直思った。


オープニングの「SPARKLE」が始まるまでの映像が気になった。
コンサートのオープニング前のステージ裏がモノクロで描写されているのだが、
そこに吉田美奈子さんのような髪型をした人が映っていて
「え、これ、吉田美奈子? いつの映像だ? 1984年ごろ、それとも今年?
 うわ、もう一度じっくり観ないとわからない???」と思っていたのだが、
エンディング近くなって気づいた。
今年(2011-12年)のツアーだ。映っていたのは、コーラスの佐々木久美さんだ。
あまりに髪型が似ていてわからなかったのだ…。


というとりとめのない書き込みを、
これからも圧倒的なマイペースでしていくことにします。
変に結論づけず、変に予定調和にもせず、できるだけありのままに、そのままに。

30年が生んだウェル・バランス。

tinpan19732012-01-04

WOWOW松任谷由実コンサート・ツアー2011“ROAD SHOW”を観た。
このツアー、東京国際フォーラムで8月に生で観る機会があったが、
開演に間に合わず、前半終わりごろのラテン・メドレーあたりに着席。
選曲も演出も良くていいコンサートという感想を持ったが、
全体の流れがつかめなかったため、今日の放送を楽しみにしていた。


「映画」「シネマ」をテーマにしたユーミンのアルバム、そしてコンサート。
至極王道的アプローチというか、悪くなるはずがないという印象を
アルバムを聴く前から、コンサートを観る前から、抱いていた。
実際、その通りだった。


「ひとつの恋が終わるとき」「I Love You」「コインの裏側」といった
アルバム収録曲のクオリティの高さ!
これだけの曲を書ける人なんて、今の日本にそういないんじゃないか。
しかし、これが大衆性を獲得するかというと、それはまた別の問題。
ユーミンの楽曲が受け入られる空気というのは、
今の日本にあまり漂っていない気がする。
そんな空気の中でこそ上質のアルバムを発表するのが
このアーティストの素晴らしさで、
『VIVA!6×9』やこの『ROAD SHOW』の完成度・クオリティは、
21世紀の『流線形80』『悲しいほどお天気』だと言えるのではないか。
(ちなみにマイ・フェイバリット・三大ユーミン・アルバムは、
『流線形80』『悲しいほどお天気』に『時のないホテル』)


コンサートはその「ひとつの恋が終わるとき」で幕を開け、
雨を歌った曲がしばらく続き、
太陽あふれる青春の世界、異国情緒あふれるエキゾティックな世界などを描き、
最後はSFと、映画のジャンルのもつ世界観を表現していった。


印象深かったのが、着物姿で歌った「大連慕情」「春よ来い」。
「春よ来い」は、こうしてコンサート中盤でサラリと歌われてこそ
生きる曲なのではないか?と感じた。
年末の紅白の「(みんなの)春よ来い」も、あれはあれで素晴らしい
と思ったが、イントロの武部聡志さんのフレーズは、
CDや今日のWOWOWと同じオーソドックスなフレーズのほうが
相応しいのでは?と思った。


「大連慕情」は、タイトルからしてこのツアーで演るのでは
と思ったらやっぱり演ってくれた「わき役でいいから」とともに、
1981年『水の中のASIAへ』収録曲。
30年前、初めて観たユーミンのコンサート・ツアーが、『水の中のASIAへ』。
この二曲を生で聴いたのは、伊集院静氏演出のこのツアー以来。
ピアノ弾き語りで歌ってくれた「私のフランソワーズ」を生で聴いたのも、
このツアー以来のような気がする。


コンサートのテーマに沿って散りばめられる、過去のアルバムの楽曲。
「この曲を演ってくれるのか!」その選曲の良さが魅力で、
最近またユーミンのコンサートに足を運び出した気がする。


そういった意味では、今日のWOWOW
中盤ラストあたりに実際のライヴでは演奏してくれた「ガールフレンズ」を
カットして放送してくれなかったのは残念だった。
放送の最後に「ひとつの恋〜」のプロモ映像を流すんだったら、
この曲を流してほしかった。


ユーミンとバンドの女性4人がソファーに座り映画鑑賞をするという設定。
座りながら4人が交互にこの曲を歌う。視線は客席を向いている。
三谷幸喜氏がメジャーになる直前のたしか1989年ごろ
深夜ドラマ『やっぱり猫が好き』で、
恩田三姉妹がテレビのこちら側を向かいながら映画を観ている設定で
似たようなシチュエーションを描いていたっけ。
コンサートをひとつのエンターテインメントとするならば、
起承転結の「転」あたりで使うと全体が締まるというか、
幅や奥行が出る手法。そのシーン(楽曲)をカットしてしまうなんて…。


とはいえ、WOWOWは3チャンネルになって、
幅や奥行が出て良かったと思います。
映画、音楽、スポーツがうまくバランスされた気がする。
これがスカパー!まで行くと選択肢が多すぎて選べない。
選ぶ時間がもったいない。


スティング、ボズ・スキャッグスシェリル・クロウにコールドプレイ。
ハービー・ハンコックがオーケストラ編成でガーシュウィンを演奏したライヴ。
私のハードディスクには、この数日間のWOWOWのライヴがいっぱい。


いけない。話が逸れている。
ユーミンのコンサートは、エンディングで「瞳はどしゃ降り」で
映画の世界から現実に戻り、「DESTINY」で本編終了。
アンコールではしばらくコンサートではやらなかった「カンナ8号線」を
歌ってくれた。


新旧の楽曲のバランス、全体の流れ、過剰になり過ぎない演出。
選曲も構成も演出も非常にバランスがとれたコンサートだと思いました。
ユーミンがこうしたスペクタクルなコンサートを始めたのは
「マジカル・パンプキン」(1979年・伊集院静演出)からと言われている。
30年以上に渡る試行錯誤や蓄積が生み出したバランス感なのだろう。

カセットのメーカーや種類まで思い出した。

tinpan19732011-12-16

すっかりご無沙汰してしまった。
今年ももうすぐ終わってしまうし、
今日のライヴが素晴らしかったので、
久しぶりに記そう。また、ぼちぼち書いていこう。


高中正義40周年記念ライヴを聴きに、NHKホールへ。

一曲目、このイントロは…?
「BLUE LAGOON」だ!!!
ステージから客席に向かって飛び交うこの光は…?
レーザー光線だ!
30年ぶりの生「BLUE LAGOON」。
いきなり80年代へタイムトリップ。溢れ出る涙。


ファースト・アルバムの「TROPIC BIRD」や「憧れのセイシェル諸島」を
演ってくれた。アルバム『虹伝説』の最後の曲も演ってくれた。
1981年まで高中ファンだった私の聴きたかった曲はほとんど演ってくれた。


本編最後、ポンタ、宮崎ツイン・ドラムと斎藤ノブPercussionの
太鼓乱れ打ちから、高中氏が名曲「READY TO FLY」のリフを弾き始めた
ところで、また涙涙。


アンコール、後藤次利Bが加わってのミカ・バンド時代の名曲「黒船」。
6月2日から4日まで三連チャンで演奏してくれるとは思わなかったので、
さらに涙涙涙。
思えば5年ぐらい前、ミカ・バンド再々結成のライヴで聴いて以来。
あの時は同じNHKホール(渋谷公会堂だったか?)の前から10列目ぐらいで、
トノバンの真正面で聴けたんだ。あのトノバンが今はもう…(涙)。


こんなに泣いたライヴは久し…イヤ生まれて初めてだと思う。
演奏してくれた名曲たちを耳にしながら、
当時これらの曲を録音して聴いたカセット・テープの
ブランドやデザインまで思い出した。
タイムマシンだ。お願いしなくても。


(ミカ・バンドやオムニバス形式のライヴでは観ているけれど)
30年ぶりの高中ライヴ体験。
今日は泣きたかった。気持ち良く泣けた。
30年なんて、やっぱりあっという間だ。
今、48歳の自分。今から30年後にこうしてライヴを聴いていられるのか?
仕事は? 老後は? 年金は?
いや、どうでもいい。そんなことは。
これまでの30年と同じようなことが、
これからの30年も繰り返されるのだろう。
自分自身も、日本も、世界も、地球も、宇宙も。


今日の、そうだな、「READY TO FLY」の
ドラム&パーカッション・ソロから
高中ギターへ切り替わるあの瞬間の心の昂ぶりは、
間違いなくあの世まで持って行くに値する、
音楽の神様がくれた贈りものだと思った。

地デジ、Ust…。音楽番組はもっと面白くなれる。

tinpan19732011-06-23

WOWOW細野晴臣HoSoNoVaコンサート」。
知人にDVDに焼いてもらい今観終わった。
いい番組だと思った。


コンサートの合間に、出演者のインタビューを入れる手法は結構あり
ライヴ感が失われ失敗する例も見受けられるが、
この番組は上手く行っていると感じたのは、
インタビュアーが川勝正幸氏だからか。あるいはコメントを発する人びとが、
細野さん以外にも、林立夫鈴木茂佐藤博矢野顕子…というお歴々だからか。


メンバー構成から、どうしても2000年Tin Panコンサートが頭をよぎるのだが、
あのテレビ放送(たしかNHK BS)では出演者だけでなく
聴衆のインタビューが結構な秒数を割いてオンエアされ、それが
「今聴いても古くない」とかのステレオタイプのものばかりで、
“頼む。この聴衆インタビューの分一曲でも多くオンエアしてくれ”と
思ったものだ。そういえば、2001年か2年の国際フォーラムでの
鈴木慶一矢野顕子大貫妙子奥田民生宮沢和史“Beautiful Songs”コンサート後、
「放送に使う可能性がある」という前振りでマイクを向けられ、
“聴衆のインタビュー流すより、一曲でも多くオンエアを。そう思うファンは多いはず”
と答えた覚えがある。


先週土曜日はNHK教育(ってもう言わないんでしたっけ?)
佐野元春「ソングライターズ」に、待ってましたのキリンジ・ゲスト。
佐野氏がまず二人のバックグラウンドを聞いてくれたことが有り難かった。
出身大学、親がどんな人だったか(どんな家庭、どんな音楽環境で育ったか)。
そのアーティストの音楽性に、意外とこの辺りが大きな影響を与える気がするし、
キリンジに関して僕はこの部分が大きな「?」で、このBLOGにもその辺りを
記したことがあったと思う。


あとは取り上げられた詞。「エイリアンズ」はわかるけど、
「ハピネス」「悪玉」「地を這う者に翼はいらぬ」とか、
へーッ、そうかと思った。新鮮だった。次の日、電車の中で改めてこれらの曲を
iPodで聴いてみた。詞もじっくり読んでみようと思い、これはまだやってない。


「文学的」と「文学」に関する言及もあり、さすがのコメントだったが、
“他に形容する言葉は無いのか!”ぐらいのことを言ってほしかった気もした。


最後はやはり先週土曜日、BS11小原礼×尾崎亜美「音のおもてなし」に
大貫妙子ゲスト出演。旧知の間柄らしいリラックス感が伝わってきた。


いちばん印象的だったのは、尾崎さんがソロ・デビューするころ、
プロデューサーだった松任谷正隆氏が尾崎さんに
「日本にもこういう音楽があるんだよ」とシュガー・ベイヴを薦めたという
エピソード。別に不思議ではないけれど本人の口から聞くとリアリティを感じた。


あとは小原・尾崎ご夫妻がどのような司会ぶりを見せるのか?
興味深かったが(なんせ、大貫さんのBLOGでこの番組の存在を初めて知った)
ほぼ想像通りだった。


三人によるセッション「横顔」「a life」も良かった。
この秋、林立夫鈴木茂小原礼による“スカイ”が再結成されて、
そこで大貫さんが歌う話があるようだ。
これはたしか大貫さんブルーノートLiveで聞いた話。実現したら楽しいな。


以上、この一週間に観た三つのテレビ音楽番組の感想を駆け足で。
地上波、BS、CS、WOWOW…。チャンネルがこれだけ増え、
片やU-StreamにYou Tube…。
画期的な音楽番組が生まれる可能性は今かなり大きいと思う。